HOMEの中のおすすめShopの中の味わうの中の

観光スポット

公開日
2011年04月01日
 筑後川の水に恵まれ、豊かな大地を持つ筑後地方は、米の産地としても知られています。古くより、筑後川沿いでは酒造りが盛んに行われおり、現在も歴史ある酒蔵が多くあります。

 酢は酒の発酵から生まれるもの。酒造りが発展するとともに、酢造りも行われるようになりました。大川では、高橋家四代の清右衛門が酢造商いを始めました。以来三百年、伝統の手法で酢造りを行っています。

 現在は、ヘルシー志向の女性に好評の飲むお酢をはじめ、ドレッシング、料理にプラスして手軽に本格お酢料理を楽しむ加工酢など、バラエティに富んだ商品がそろっており、大川土産としても喜ばれています。

酢屋のご紹介

庄分酢

 江戸時代、肥後街道が整備され港町・宿場町として栄えた小保・榎津地区。現在も江戸情緒を残す町並みが広がっています。榎津地区にある庄分酢は寛永年間創業の歴史を誇る酢屋です。  …… もっと見る

一覧へ戻る
ページトップへ