HOMEの中の観光スポットの中の技と心

観光スポット

海のように広い筑後川に架かる巨大な赤い鉄橋、大庄屋の屋敷や武家屋敷が今も残されている歴史ある町並み・・・大川には、時代が変わっても伝えていきたい風景があります。ここでは、大川の歴史をたどり、大川の人々の心のよりどころとして大切にしているスポットをご紹介します。

公開日
2011年04月01日
大川彫刻

 江戸時代、肥後街道の交通の要所や宿場町として栄えた榎津・小保地区。彫刻師の村石繁太郎による社寺彫刻の技や、旧柳河藩の大工として多くの建築彫刻に携わった黒田多吉など多くの名工たちが、社殿や…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
建具・大川組子

 建具生産高日本一を誇る大川。約460年前船の大工から始まった大川木工は、大工職人や家具職人など木工業が分業化されるとともに建具業も発展してきました。伝統の技は脈々と受け継がれ、現在のイン…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
大川家具

 トータルインテリア産地「大川」は、480年余の歴史と伝統を持つ、家具生産高日本一を誇る木工の産地です。箱物(チェスト類)、棚物(食器棚類)を得意とする一方で代々伝わってきた繊細な職…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
いぐさ

 筑後地方は畳の材料となる「いぐさ」の産地として知られ、花ゴザ(※色柄がついたゴザ製品)の生産量は国内の約95%も占めるほど。この地方だけに伝わる「掛川織り」の筑後花ゴザは、福岡県の特産品…… もっと見る

ページトップへ