HOMEの中の観光スポットの中の伝える

観光スポット

海のように広い筑後川に架かる巨大な赤い鉄橋、大庄屋の屋敷や武家屋敷が今も残されている歴史ある町並み・・・大川には、時代が変わっても伝えていきたい風景があります。ここでは、大川の歴史をたどり、大川の人々の心のよりどころとして大切にしているスポットをご紹介します。

公開日
2011年04月01日
まちの駅旧吉原家住宅(※災害復旧工事に伴い休館)

 江戸時代に旧柳河藩小保町の別当職(町の役人)を代々務め、後に蒲池組(旧柳河藩の行政区分)の大庄屋となった吉原家の邸宅です。  主屋の建立は、式台玄関の蟇股(梁など柱の重さを支えるための…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
若津港導流堤

 明治初期、筑後川河口付近では満潮と干潮の差が約6mもある有明海の影響のため、土砂の体積が著しく、船舶の航行が困難になっていました。そこで、「砂防の父」と呼ばれたオランダ人技術者デ・レーケ…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
まちの駅風浪宮

 大川では「おふろうさん」と呼ばれ親しまれている風浪宮。その歴史は古く、今からさかのぼること約1800年前のこと。神功皇后が新羅外征からの帰途、筑後葦原の津(現在の大川市の榎津)に寄せた際…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
大川の歴史

 福岡県と佐賀県の県境に位置する大川市は、九州最大の一級河川「筑後川」の左岸に位置し、人々は筑後川とともに時を刻んできました。その歴史は、大川木工の歴史といっても過言ではないほど、木…… もっと見る

公開日
2011年04月01日
小保・榎津地区の伝統的な町並み

 江戸時代初期、肥前への水運の要所として肥後街道沿いに位置する榎津地区に旧久留米藩の港町、隣接する小保地区に旧柳河藩の宿場町を設けました。2つの藩によって形成された町は全国でも非常に珍しく…… もっと見る

ページトップへ