HOMEの中のおすすめShopの中のインテリアの中の木下建具

おすすめShop

まちの駅

公開日
2011年04月01日
 伝統を受け継ぎながら、現代の暮らしにあわせた新しいデザインで作品づくりに取り組む木下建具。社長の木下久馬人(くまと)さんが、大川建具の世界に魅せられて一代で築き上げた建具店は現在、息子の正人さん・久雄さんらが創り出す美しい組子の技と三位一体となって、障子や欄間、行灯をはじめ多くの作品を発表しています。

  “木で作れるもんやったら、なんでも作るばってん”と 久馬人さん。木下建具では、和風建築から洋風住宅まで対応できるデザイン性に優れた建具のほか、下駄箱から仏壇、虫カゴにいたるまで、注文されたものは何でも製作しています。

 木下建具が作り出すものは、ひとつひとつが美術作品。随所に匠の妙を見ることができます。一例では、「角丸仕上げ」という技を使った下駄箱の淵などに見られる曲線美。カットした木を張ってつなぎ合わせ、1本の木がカーブを描いているように見せる技法です。その腕前は同じ職人をもうならせるほど。
 
 大川や周辺地域の職人たちが、技と意匠を競いつつPRする展示会「華胥(かしょ)の博」をはじめ様々な展示会において、数々の賞を受賞。後進の指導にも力を入れ、「大川インテリア塾」では講師として招かれています。
 現在、木下建具と息子の正人さんの大川組子工房「木下木芸」では、“組子の魅力をより多くの人に知ってほしい”との思いから、大川の他業種の職人やデザイナーとコラボレートした大川オリジナルブランド「SAJICA」に参加しています。組子の和の技術をモダンに取り入れたテーブルや鏡などを作りました。SAJICAブランドは、日本のみならず世界各国で行われている展示会でも高い評価を得ています。 

 まちの駅にも指定されている木下建具。作業している時は見学が可能なので、匠の技が生み出した芸術作品を見に来てください。

Information

住所 〒831-0005 大川市大字向島2071番地3
電話番号 0944-86-4837
FAX番号 0944-86-4112
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定
駐車場 5台
ホームページURL http://www.kinoshita-tategu.com/
一覧へ戻る
ページトップへ