HOMEの中の新着情報一覧の中の”秋旅おおか和”開催しました!! 総桐箪笥和光

新着情報

新着情報詳細

”秋旅おおか和”開催しました!! 総桐箪笥和光

2014年11月14日

”秋旅おおか和”開催しました!

 11月8日“秋旅おおか和”
総桐箪笥和光が開催されました。
最初に桐について学びました。
桐は、ゴマノハグサ科にあたる草の一種で世界で二番目に軽い木材です。体が触れると体温と同化します。他の木と手に触れ違いを感じました。水分の吸収も早く、炎から守るので金庫にも使われています。桐の力は、1.熱の伝統率 2.調湿力 3.保温力と学びました。桐について学んだあとは、桐の米びつ制作に入りました。枠にはめたら、ボンドをつけ仮止めのテープをして電動ドライバーで穴をあけ、うつぎをうちこみます。
参加者の中に3歳と5歳の女の子がお父さんと一緒に参加をされており、うつぎにボンドをつけて穴に入れる作業を妹さん、うつぎを金づちで打つ作業をお姉ちゃんが、2人仲良く楽しそうに作業を進めていきました。でたうつぎをノコギリで切るときは木目にそって切ると傷が入っても目立ちませんと言われてました。最後に、めが荒いペーパーで削りそのあとに細かいペーパーで削ると出来上がりです!「磨けば、磨くほど仕上がりがよくなります」と社長が言われていました。
木工初心者の方でも和光さんのスタッフの方が6人もいらっしゃたので1人、1人に丁寧に教えてあり安心して皆様制作されていました。
また参加者の方のなかには、遠方に住んでいる息子さんに送りますと米びつ制作に来られた方もいらっしゃいました。参加者同士話しも弾んで、楽しい雰囲気のなか、気持ちを込められて作られた素敵な”桐の米びつ”が出来上がりました。
制作終了後は工場見学をして、最後は九州最大の桐たんすのショールーム見学をして終了いたしました。
皆様、ご参加ありがとうございました。
 

一覧へ戻る
ページトップへ